会社沿革

1970年(昭和45年) 8月 情報処理事業を目的として資本金400万円にて台東区上野に
「東京システムサービス株式会社」を設立
1973年(昭和48年) 3月 資本金を2,500万円に増資 本年から新卒定期採用を開始
1976年(昭和51年) 7月 業容拡大に伴い本社を渋谷区恵比寿に移転
1978年(昭和53年) 9月 要員派遣から一括受託開発への転換を本格化 DEC/PDP11を設置
1979年(昭和54年) 11月 沼津事業所を開設
1981年(昭和56年) 4月 名古屋事業所を開設
1986年(昭和61年) 11月 東京、名古屋、沼津間のネットワーク化
1989年(平成元年) 12月 資本金を6,000万円に増資 社員株主会の発足
1991年(平成3年) 4月 商号を「東京システムズ株式会社」に変更
1996年(平成8年) 9月 WAN(Windows)を導入
1998年(平成10年) 4月 Microsoft社 MSソリューションプロバイダ認定
2001年(平成13年) 9月 資本金を7,000万円に増資
2007年(平成19年) 6月 全社・全部門で情報セキュリティマネジメントシステム
ISO/IEC 27001:2005/JIS Q 27001:2006 認証取得
2008年(平成20年) 9月 「OCUPアドバンスト認定ユーザー」認定
2009年(平成21年) 11月 「OCUPプレミア認定ユーザー」認定
2010年(平成22年) 2月 システム事業部においてCMMI(V1.2)レベル2を達成
2013年(平成25年) 4月 全額出資子会社「株式会社システムズキューアイ」を設立
2013年(平成25年) 9月 「株式会社 システムズプラン」を全額出資子会社とする
2014年(平成26年) 2月 システム事業部においてCMMI(V1.3)レベル3を達成
2015年(平成27年) 7月 岩手研究開発センター(IT-Labo)を開設

このページのTOPへ