先輩社員のご紹介 (TSSに聞いてみよう!)


未経験、でも挑戦しようと思いました。
(2016年度入社/心理医療研究科卒/S.Kさん)

―大学はIT関係でしたか?
情報系の知識は全くありませんでした。 経験者が多い職種だと思いますが、TSSは未経験でも応募できるということで、一から教育をして社員を育てていく社風に魅力を感じました。 知識がなく不安でしたが、説明会で同じ境遇で入社された先輩の話を聞いて、私も挑戦しようと思いました。
―新人研修時代の思い出を1つ
グループ作業が大変でした。 性格も技術経験も人によってバラバラなので、話し合って作業を進めることの難しさを学びました。 先輩社員が心配してたくさん声をかけて下さったので、頼れる存在がいる環境で仕事ができる会社だと思いました。
―現在どんな仕事をしていますか?
従来のソフト開発のようなソースコードによる開発とは異なり、機能を設計図・モデルで作成するモデルベース開発というものがあります。 私は大部分がモデルベースで設計されている自動車の制御システムの開発を担当しています。
―就活生の方へアドバイスをお願いします。
履歴書を暗記せず素直な思いを伝えることが重要です。 「この企業かも」と思える会社に出会えるはずなので直観も大切にして欲しいです。 内定を目標にするのではなく、これから長く働く企業と出会うことを目標に頑張って下さい。


就活は焦らずしっかり企業研究を。
(2016年度入社/情報科学部卒/K.Mさん)

―大学はIT関係でしたか?
はい、ITの基礎やC言語を使用したプログラミングなどの勉強をしていました。
―入社前に不安はありませんでしたか?
人見知りでコミュニケーションをとるのがあまり得意ではなく、人間関係が上手くいくか心配でした。 でも同期とすぐ仲良くなり安心しました。
―新人研修の思い出を1つ
研修の後半に自分たちでプログラムを設計するというものがあったのですが、同期や先輩が作った設計を自分自身が作ったものと比べた際に、同じ課題でもいろいろな考え方があるということを実感しました。
―仕事をする上で必要なスキルはありますか?
お客様の要望や先輩の指示・内容をしっかりと理解できる能力だと思います。 今後は少しでも早く必要な技術スキルも身に着けていき、一人前になってお客様のニーズに精一杯答えられるような仕事をしていくことを目標にしています。
―就活生の方へアドバイスをお願いします。
就活中になかなか内定が出ず、就職先が決まらないことに焦ってしまうことがあるかもしれません。 焦らずに企業研究をしっかりとして就活を進めることが大切だと思います。


上手く動くと達成感があって面白い!
(2014年度入社/専門学校卒/K.Mさん)

―学校はIT関係でしたか?
はい、情報処理関係の専門学校に通っていました。
学校では特にC言語やJAVAなど、プログラミングを勉強する機会があったため、研修期間中はプログラミング経験の少ない同期に教えることもありました。 何か1つプログラミング言語を習得していると入社後はいろいろと役立つことを実感しています。
―入社前に不安はありませんでしたか?
仕事内容や人間関係が上手くいくか不安がありました。 でも入社後は徐々に会社の雰囲気に慣れるとともに不安は払拭され、先輩に優しく指導してもらいながらシステム開発をおこなっています。
―現在どんな仕事をしていますか?
コンビニ等で扱われるPOSレジという売り上げ情報を集計するシステム開発をおこなっています。 自分でプログラミングした機能が想定した通り動作した時は達成感があり面白いです。
―仕事をする上で必要なスキルはありますか?
仕事を円滑に進めるために、特にコミュニケーションスキルは重要だと思います。 メールや口頭で質問する際にも文章を考え、相手に伝えたいことを端的に的確に伝えることは難しいと思っています。 文章の表現方法は正解が無いため四苦八苦しています。


苦手だったITをいっそ仕事に。
(2012年度入社/バイオサイエンス学部卒/A.Hさん)

―大学はIT関係でしたか?
いいえ、大学ではタンパク質工学を学んでいました。 そもそもパソコンは論文作成や資料をまとめる際にしか触れる機会がなく苦手な方でした。 入社前は不安もありましたが、いっそ仕事にしてしまえば少しは得意になるのでは?と思い切って入社してみました。
―TSS社員の印象を教えて下さい。
真面目な方が多いかなと思います。 割とA型気質といいますか(笑)でも納会や社員旅行ではみんな羽目を外して楽しく騒いでいるので、仕事とプライベートのメリハリをきちんと区別が出来ていると思います。
―仕事をする上で必要なスキルはありますか?
コミュニケーション能力ですね。 技術職ですが、仕事は個人プレイよりグループで進めることが圧倒的に多いです。 分からないことがあれば相談、状況の都度報告は基本ですが、特に重要なスキルだと思います。
―就活生の方へアドバイスをお願いします。
もし就活で行き詰ったら、自分が何をやりたいか見つめなおすと意外となんとかなると思います。 私自身医療に携わりたいと思いTSSに入社しました。 あとは適度な息抜きも大事ですよ。


文系でも、モノづくりができる。
ワクワクでした!

(2012年度入社/経営学科卒/M.Iさん)

―現在はどんな仕事をしていますか?
工場で使う部品の管理システムを開発しています。 女性が多いチームなので、皆でワイワイやっていますよ。
―大学はIT関係だったのですか?
いいえ、大学では経営を勉強していました。 入社前にプログラミングの授業を受けてみたのですが、あまり理解できなくて・・・(笑)
―入社前に不安はありませんでしたか?
プログラミングの経験がなかったので、不安はありました。 しかし、文系でもモノづくりができる事への期待は大きかったと思います。 入社後に新人研修(プログラミング基礎講習、OJT)を受けて、今ではシステム開発に参加できてますよ。
―新人研修の思い出を一つ。
同期入社のメンバーと集まって飲んだ事でしょうか。 研修中、名古屋と沼津事業所配属の人は東京のウィークリーマンションから通っていたのですが、そこで飲み会をしたり、ゲームをしたりして楽しかったです!今でも集まる機会があると、一緒に飲みに行ったりしますよ。
―今後の目標は何ですか?
仕事で学んだ知識を生かして、自分用のアプリを開発してみたいです。 今、スマートフォンで使える理想の家計簿アプリが見当たらないので、自作してみようと計画中です!


次のイベントが待ち遠しいです!
(2012年度入社/情報メディア学科卒/H.Kさん)

―現在の仕事内容を教えて下さい
銀行等で使われる「出納機」という、お金の集計や保管をする機会の制御システムを作っています。 普段は使う事のない機械を扱うので不明な点が多くて苦労しますが、自分で調べたり周りの先輩に聞きながら仕事をしています。 そうやって完成させたシステムがお客様先で活躍している事を知ると、嬉しくなりますね。
―同期メンバーとの交流は?
毎年恒例の取り組みなんですが、研修期間終了後にTSSの各事業所の新人対抗でロボットカーのプログラムを作って、いかに早く走らせられるかを競う大会があります。 その大会に向けて6か月間、毎週同期で集まって開発を行っていました。 通常の仕事もあるため集合が大変でしたが、開発の後に飲みに行ったりして楽しかったです!
―TSS社員の印象は?
話してみると明るい人が多いですね。 職場の違う先輩達とも、お花見やボウリング大会などの会社イベントで会うと、同好会やゲームの話で盛り上がります(笑) 新人の時は緊張していましたが、イベントに参加していたら自然と打ち解けられるようになりました。


要望にはプラスアルファの価値をつけて
(2010年度入社/システムデザイン科卒/M.Hさん)

―現在どんな仕事をしていますか?
カーナビの新しいサービスを考えて、お客様に提案する仕事をしています。
「どのようなサービスがカーナビにあったら嬉しいか」という事を、使い人の目線で考え、あれこれ悩んでいます。
―仕事で困った時はどうしていますか?
毎朝チームで行う「朝会」で、困った事を相談する場を設けているので、そこでアイディアや解決法を探しています。そのように言いたい事が言える環境があるのは、とても恵まれているな、と思いますね、
―今後はどんなことに挑戦したいですか?
技術的なスキルももちろんですが、良い提案ができるよう想像力や対話力を磨いていきたいです。 お客様の要望を飲み込んで、そのまま形にするのではなく、プラサルファを出せるようになることが目標です。
―就活生へメッセージをお願いします。
就活中に内定をもらえない状態が続くと、自分は世の中に必要とされていない存在なんじゃないか、と、自信を失くしてしまう事もあると思います。私も実際そうでした。しかし、続けていれば必ずどこか良い会社が見つかります。諦めないで頑張って下さい。


譲れない条件を持って、会社選びを。
(2008年度入社/生命科学科卒/K.Hさん)

―現在の仕事内容を教えて下さい。
3~4人のチームで、主に病院などで使われる医療関係のWeb検索システムを開発しています。医療システムの開発は初めてで、その理解に苦労しています。 しかし、新しい分野の知識を吸収する事はとても楽しく、前向きに取り組んでいます。
―今までで大変だった仕事は何ですか?
どの仕事もまんべんなく大変です(笑) 例えば、スケジュールが予定通りにいかない時は焦りますし、進捗の遅れを取り戻すために仕事の効率を上げる対策を立てなくてはならないので、大変ですね。
―休日はどのように過ごしていますか?
昼間は元気であればジムに行って、夜は好きなお酒を飲んだりしています。最近は、ワインにチャレンジ中です。そんな風に土日休みを使ってリフレッシュしてますね。
―就活生の方へアドバイスをお願いします。
働く会社を決める時には、自分が譲れない条件は絶対に曲げない方が良いと思います。私の場合は土日休みが取れる事ですね。 自分の我慢できる事とできない事について考えてみるのも良いと思います。


育児休暇を取れる、環境がある。
(2008年度入社/経営情報コース卒/C.Nさん)

―今まで大変だった仕事は何ですか?
アンドロイドのアプリを開発し、初めて展示会で披露した時は、勝手が分からず大変でした。 展示ブースの看板はどうやって作ろうか、パンフレットは何部刷れば良いのか、と悩んだり…。 でも、メンバーで協力し合って、なんとか成功させる事ができました。最近の展示会は、看板も立派ですし、アプリの説明を映像で流すようになっていて、以前よりずっとパワーアップしています!
―仕事をしていて嬉しかった事は?
自分の作ったアプリが使われているところを見ると、嬉しいですね。周りの友人がそのアプリを使っていたら、「自分が作ったんだよ!」と言いたくなっちゃいます(笑)
―育休制度を利用された感想を教えて下さい。
育休を取る前は少し不安でしたが、実際に取ってみたら職場の皆さんの理解もあって、休みやすかったです。 あと上司が女性だったので相談しやすかったですね。 復帰後も、周りの人が「早く帰った方が良いんじゃない?」と言ってくれて、とても助けられました。 今後、もっともっと子育てと仕事の両立がしやすくなるよう、サポートを充実させていきたいです。


今、学べる事を最大限に学べ!
(2006年度入社/情報処理学科卒/Y.Wさん)

―現在の仕事内容を教えてください。
レジの売り上げ情報を集計して管理するシステムを、4~5人のチームで開発しています。 お客様の店舗の営業時間が日中で、実際の店舗への導入は営業時間外に行うため、当社では珍しい徹夜作業をしました。その後、システムが問題なく動いて、ほっとしました。
―今後、やりたい事はなんですか?
IOSアプリの開発をしていきたいです。 以前、仕事でその開発をする機会があり、それから自分でも勉強をしているんです。現在、社内に開発できる環境もあるので、ぜひ開発をしたいですね。
―就活生へメッセージをお願いします。
会社に入ると、学生時代に比べて勉強する時間が制限されてしまうので、今のうちに学べる事を学んでおいた方が良いと思います。 この業界に入るなら、何か一つでもプログラミング言語(C言語やJava言語など)を勉強しておくと、いろいろ役に立ちますよ。 とにかく、学んで損になる知識はないので、たくさんの事を学んで下さい。


社内セミナーで、いろいろな知識を学べます!
(2005年度入社/電子情報学科卒/T.Iさん)

―どんなセミナーをされているのですか。
プレゼンテーションの社内セミナー講師をしています。 プレゼン時の振る舞い方を学ぶ初級編と、論理的で分かりやすい資料作成を学ぶ中級編があります。
―他にどんなセミナーがあるのですか?
プログラミングやビジネス文書の書き方、コミュニケーションスキル向上等、さまざまなセミナーが開催されています。 講師も生徒も社員なので質問しやすく、アットホームな雰囲気で学べますよ。
―講師のスキルはどのように身に付けたのですか?
本を読んだり、他のセミナーに積極的に参加したりして、講師としての振る舞い方や技術を学びました。 リハーサルの時には自分の講義の様子をビデオに撮り、問題点を見つけて改善を重ねました。 仕事でプレゼンをする機会が多いので、身に付けた技術が普段の仕事にも役に立っています。


自分の作ったモノが、形になる喜び。
(2000年度入社/情報処理科/R.Mさん)

―現在、どんな仕事をしていますか。
デジカメ開発チームで、機能ごとに分かれたサブグループのリーダーをしています。 短い時間で、複数の機種を並行して開発することもあります。
―仕事をしていて良かったと思うことは。
自分が開発に関わったデジカメを店頭や街で見かけたり、実際に手に取って試せたりするのは嬉しいですね。 中には自分用に買ってしまうものも。機能を知り尽くしているので、使いこなる自信があります!(笑)
―リーダーとして心がけていることは。
困ったことや不明点があっても一人で抱え込んだりしないよう、メンバー同士が相談しやすい環境づくりを心がけています。今後はもっとコミュニケーションを深めて、より円滑に仕事が進められるようにしていきたいです。
―休日の過ごし方は。
デスクワークなので、健康維持のためにジョギングをして身体を動かすようにしています。家族と過ごす時間も大切にしていますよ。
―就活生へのメッセージをお願いします。
例えば5年後、自分はどうなっていたいか。 将来なりたい自分の姿を想像し、具体的な目標を持って日々を過ごすことが大事。想像できない場合は、理想とする先輩を見つけるのもおすすめです。 時間が過ぎるのはあっという間なので、将来どういう自分になりたいのか、今一度じっくり見つめ直してみるのも良いと思います。


教えるのではなく、導く上司を目指して。
(1991年度入社/情報処理科卒/A.Mさん)

―管理職ってどんな仕事をしているのですか?
管理職の仕事は、ひと言で言うと「雑用係」(笑) 社員が集中して開発の仕事に取り組めるよう、色々とやっています。 案件の受発注手続きや、プログラムのチェック、状況を把握しトラブルの発生や拡大を防ぐための進捗確認などが主な仕事内容です。
―開発職から管理職へ、とのことですが、管理職になって具体的には何か変わりましたか。
管理するプロジェクトの数が増えたことと、仕事の幅が広がったことかな。 以前は自分に近いところしか見えていなかったけれど、会社の現状を見る立場となり、会社全体で補い合い、成長していけたらと考えるようになりましたね。
―上司として、部下とのコミュニケーションで気を付けていることは。
“答え”を教えるのではなく、答えに辿り着くための”考え方”を教えるようにしています。 時には厳しいと思われるかも知れないけれど、調べ方やアプローチ方法を模索し、どんなことにも対応できる応用力を身につけて欲しいです。
―ズバリ、どんな人と働きたいですか。
みんなと仲良くできる人。 チームメンバー、同僚、上司、お客様…。 この仕事は人と関わること抜きには成立しません。 人に配慮ができる人や、積極的な人もいいですね。


日々、お客様の「使いやすい!」を求めて。
(1988年度入社/普通科卒/H.Yさん)

―現在の仕事内容を教えて下さい。
お客様がパソコンをどう操作したかという情報を収集して、そのデータを分析するシステムを作っています。 このプロジェクトではリーダーを担当しています。
―リーダーとして心がけている事は?
チームの管理としては、困っている人がいないか、作業の進行は滞りないか、というところに気を配るようにしています。 お客様とシステムの内容を決める場面では、アイディアを豊富に用意して、お客様の「こういう風にして欲しい!」を、たくさん引き出せるように心がけています。
―これまでの仕事で嬉しかったエピソードは?
自分なりに「使いやすさ」を考えて作ったシステムが、「完璧です。」と太鼓判を押されたり、「それ、いいね!」と言ってもらえたりした時は嬉しかったです。内容を決める場面は、自分の考えを盛り込めるため、一番楽しい作業ですね。
―休日の過ごし方は?
八ヶ岳や奥秩父の山に登っています。 頂上に着いた時の達成感が大きいので、良いストレス発散になってます!

このページのTOPへ